Little Cubes Operad とその変種

Little cube の成す空間 \(\cC _{n}(j)\) を用いて operad \(\cC _{n}\) を定義し, それを用いて多重ループ空間を調べた May の仕事 [May72] が, operad の理論の始まりである。よって little cubes operad は operad の代表的な例の一つである。

  • May の little cubes operad

基本的な性質として, まずは May の本にある Recognition Principle がある。

  • (Recognition Principle) \(E_n\)-space は, \(n\)重ループ空間に弱ホモトピー同値である。

この Recognition Principle の応用例としては, Budney による long knot の空間の例 [Bud07; Bud] が面白いと思う。

\(\cC _{n}\) 達の関係としては, Dunn [Dun88] による operad の tensor product を用いたものがある。その証明としては, Barata と Moerdijk による もの [BM] もある。

  • \(\cC _{m}\otimes \cC _{n}\simeq \cC _{m+n}\)

Little \(n\)-cube operad \(\cC _{n}\) (かそれと同値な operad) が作用する空間は, \(E_{n}\)-space と呼ばれる。May は, その後 \(E_{\infty }\)-spectrum の概念を得, それを基に \(S\)-module の概念を導入した。

Little cubes operad は, \(n\)重ループ空間を, ループ空間を取る操作を繰り替してできた空間 \[ \Omega ^n X = \underbrace {\Omega \cdots \Omega }_n X \] とみなすときには適しているが, これは \(n\)次元実ベクトル空間 \(V\) の基底を選び, \(V\cong \R ^{n}\) とみなしていることに対応する。 Equivariant な場合など, このようにきちんと座標軸 (基底) を決めたくない場合も多い。 有限次元ベクトル空間 \(V\) に対し \[ \Omega ^V X = \mathrm {Map}_*(V\cup \{\infty \},X) \] を \(V\) の functor として調べたいときである。そのために coordinate-free なものも考えられている。代表的なのは Steiner によるものである。

無限次元の場合, つまり無限ループ空間に対応する場合は, May が \(\cC _{n}\) の colimit で \(\cC _{\infty }\) を定義しているが, Elmendorf-Kriz-Mandell-May の spectrum の構成では, coordinate-free version として, linear isometries operad が用いられている。

  • linear isometries operad [Elm+97]

拡張として, Voronov [Vor99] による Swiss cheese operad がある。

  • Swiss cheese operad

Operad と多重ループ空間の関係を考えるときには, monodal category と多重ループ空間の関係も理解しておくとよい。例えば monoidal structure の定義に五角形が現われることから\(1\)重ループ空間と関係があることがわかる。 \(2\)重ループ空間は, braided monoidal structure, そして無限ループ空間は, symmetric monoidal structure に対応する。それぞれ, \(1\)次元, \(2\)次元, \(\infty \)次元の little cube operad と対応する。当然, \(2\) と \(\infty \) の間がどうなっているのか気になるが, それについては Batanin が [Bat10] で対応する operad を作っている。

\(n=2\) と \(n=\infty \) のときが特別なのは, little \(n\)-cubes operad を成す空間が \(K(\pi ,1)\) だからである。 群はそれぞれ braid群対称群である。 このような \(K(\pi ,1)\) operad については, Zhang が [Zha] で調べている。

Little cubes operad は, 様々な写像空間を作る材料としても重要である。 ただし, その構成のためなら, operad の構造を持つ必要はない。 そのことを明記した文献としては, [CMT78] がある。 Cohen と May と Taylor は, coefficient system という言葉を使ったが, その後 C. Berger は preoperad という言葉を導入した。今は preoperad の方が popular だろう。

Little cubes operad, より正確には \(E_n\)-operad は, Deligne予想という形で代数 (ホモロジー代数) にも関係していることが分っている。

Hochschild homologyfree loop space のホモロジーの関係から, free loop space \(LM = \mathrm {Map}(S^1,M)\) に自然な \(\mathcal {C}_2\) の作用があることが期待されるが, それはホモロジーのレベルで Chas と Sullivan により発見された。 空間レベルでは, 残念ながら \(LM\) そのものではなくその上のある vector bundleThom spectrum に \(\mathcal {C}_2\) が作用する。それは Ralph Cohen と J.D.S. Jones の結果 [CJ02] である。更に, Hu と Kriz と Voronov の仕事から, \(k>1\) に対しても \(\mathrm {Map}(S^k,M)\) から \(\mathcal {C}_{k+1}\) の作用を持つ spectrum を作ることができることが予想されるが, それについては, Hu による結果 [Hu06] がある。

  • 有限単体的複体 \(X\) に対し \(X\) 上の spectrum \(S(X)\) の構成
  • 有限単体的複体 \(X\) に対し spectrum \(\mathrm {Map}(S^k,X)^{S(X)}\) の定義
  • \(\mathrm {Map}(S^k,X)^{S(X)}\) は \(\mathcal {C}_{k+1}\) の作用を持つ spectrum である。

より正確には, Cohen と Jones は \(LM\) の normal bundle の Thom complex 上にサボテン operad の作用を定義した。 サボテン operad と同値な operad で有名なものとして, framed disks operad がある。

Framed disk operad は, \(\mathrm {SO}(n)\) の作用を持つが, 他にも群の作用を持つ場合も考えられている。Hill の [Hil] など。

  • equivariant little disk operad

Operad があれば, その上の algebra を考えるのが普通である。 位相空間の圏では, 次のものが有名である。

より幾何学的な問題との関係としては, moduli space がある。

Configuration space の compactification により得られる operad については, Merkulov の [Mer11] を見るとよい。

Configuration space や marked point 付き Riemann面の moduli space などと関係が深いものとして, Grothendieck-Teichmüller theory がある。 そして, 最近 little cubes operad との関係も調べられてきた。Horel の [Horb] の Introduction が分かりやすい。Fresse による本 [Fre17a; Fre17b] もある。

Horel は, その中で little \(2\)-cubes operad のモデルとして, groupoid の operad を用いている。その classifying space が little \(2\)-cubes operad とホモトピー同値になるようなものである。

  • operad of parenthesized (unital) braids

Horel が [Horb] で調べたのは profinite completion であるが, Horel は [Hora] で, Bousfield-Kan \(p\)-adic completion の automorphism を調べ, それが pro-\(p\) Grothendieck-Teichmüller group で与えられることを示している。

他の変種としては, 重なりを許したものが考えられている。かつて修士の学生 に考えてもらったことは, [Tam00] の §4.4 に書いた。 そこで考えられている \(\mathcal {D}_{n}^{i}(j)\) は, \(j\)個の \(n\)-cube で, 高々 \(i\)個の \(n\)-cube が同時に交わってもよいものである。 同様のことは, Kallel [Kal01] も考えている。 他にも, Dobrinska と Turchin の [DT] や Grossnickle の [Gro] などがある。

  • overlap を許した cube や disk の空間

References

[Bat10]

Michael A. Batanin. “Locally constant \(n\)-operads as higher braided operads”. In: J. Noncommut. Geom. 4.2 (2010), pp. 237–263. arXiv: 0804.4165. url: http://dx.doi.org/10.4171/JNCG/54.

[Ber97]

Clemens Berger. “Combinatorial models for real configuration spaces and \(E_n\)-operads”. In: Operads: Proceedings of Renaissance Conferences (Hartford, CT/Luminy, 1995). Vol. 202. Contemp. Math. Providence, RI: Amer. Math. Soc., 1997, pp. 37–52.

[BM]

Miguel Barata and Ieke Moerdijk. On the additivity of the little cubes operads. arXiv: 2205.12875.

[Bud]

Ryan Budney. Topology of spaces of knots in dimension 3. arXiv: math/0506524.

[Bud07]

Ryan Budney. “Little cubes and long knots”. In: Topology 46.1 (2007), pp. 1–27. arXiv: math/0309427. url: http://dx.doi.org/10.1016/j.top.2006.09.001.

[CJ02]

Ralph L. Cohen and John D. S. Jones. “A homotopy theoretic realization of string topology”. In: Math. Ann. 324.4 (2002), pp. 773–798. arXiv: math/0107187. url: http://dx.doi.org/10.1007/s00208-002-0362-0.

[CMT78]

F. R. Cohen, J. P. May, and L. R. Taylor. “Splitting of certain spaces \(CX\)”. In: Math. Proc. Cambridge Philos. Soc. 84.3 (1978), pp. 465–496. url: http://dx.doi.org/10.1017/S0305004100055298.

[DT]

Natalia Dobrinskaya and Victor Tourtchine. Homology of non-\(k\)-overlapping discs. arXiv: 1403.0881.

[Dun88]

Gerald Dunn. “Tensor product of operads and iterated loop spaces”. In: J. Pure Appl. Algebra 50.3 (1988), pp. 237–258. url: http://dx.doi.org/10.1016/0022-4049(88)90103-X.

[Elm+97]

A. D. Elmendorf, I. Kriz, M. A. Mandell, and J. P. May. Rings, modules, and algebras in stable homotopy theory. Vol. 47. Mathematical Surveys and Monographs. With an appendix by M. Cole. Providence, RI: American Mathematical Society, 1997, pp. xii+249. isbn: 0-8218-0638-6.

[Fre17a]

Benoit Fresse. Homotopy of operads and Grothendieck-Teichmüller groups. Part 1. Vol. 217. Mathematical Surveys and Monographs. The algebraic theory and its topological background. American Mathematical Society, Providence, RI, 2017, pp. xlvi+532. isbn: 978-1-4704-3481-6.

[Fre17b]

Benoit Fresse. Homotopy of operads and Grothendieck-Teichmüller groups. Part 2. Vol. 217. Mathematical Surveys and Monographs. The applications of (rational) homotopy theory methods. American Mathematical Society, Providence, RI, 2017, pp. xxxv+704. isbn: 978-1-4704-3482-3.

[Gro]

Keely Grossnickle. Overlapping Discs Filtration in the Commutative Operad. arXiv: 1810.12444.

[Hil]

Michael A. Hill. On the algebras over equivariant little disks. arXiv: 1709.02005.

[Hora]

Geoffroy Horel. Automorphisms of the little disks operad with torsion coefficients. arXiv: 1612.03420.

[Horb]

Geoffroy Horel. Profinite completion of operads and the Grothendieck-Teichmüller group. arXiv: 1504.01605.

[Hu06]

Po Hu. “Higher string topology on general spaces”. In: Proc. London Math. Soc. (3) 93.2 (2006), pp. 515–544. arXiv: math/0401081. url: http://dx.doi.org/10.1112/S0024611506015838.

[Kal01]

Sadok Kallel. “An analog of the May-Milgram model for configurations with multiplicities”. In: Topology, geometry, and algebra: interactions and new directions (Stanford, CA, 1999). Vol. 279. Contemp. Math. Amer. Math. Soc., Providence, RI, 2001, pp. 135–149. url: http://dx.doi.org/10.1090/conm/279/04558.

[May72]

J. P. May. The geometry of iterated loop spaces. Lectures Notes in Mathematics, Vol. 271. Berlin: Springer-Verlag, 1972, pp. viii+175.

[Mer11]

Sergei A. Merkulov. “Operads, configuration spaces and quantization”. In: Bull. Braz. Math. Soc. (N.S.) 42.4 (2011), pp. 683–781. arXiv: 1005.3381. url: http://dx.doi.org/10.1007/s00574-011-0034-3.

[Ste79]

Richard Steiner. “A canonical operad pair”. In: Math. Proc. Cambridge Philos. Soc. 86.3 (1979), pp. 443–449. url: http://dx.doi.org/10.1017/S0305004100056292.

[Tam00]

Dai Tamaki. “Little cubes and homotopy theory”. In: Morfismos 4.2 (2000), pp. 33–60. url: http://www.morfismos.cinvestav.mx/Portals/morfismos/SiteDocs/Articulos/Volumen4/No2/Tamaki/dai.pdf.

[Vor99]

Alexander A. Voronov. “The Swiss-cheese operad”. In: Homotopy invariant algebraic structures (Baltimore, MD, 1998). Vol. 239. Contemp. Math. Providence, RI: Amer. Math. Soc., 1999, pp. 365–373. arXiv: math/9807037. url: http://dx.doi.org/10.1090/conm/239/03610.

[Zha]

Wenbin Zhang. Group Operads and Homotopy Theory. arXiv: 1111. 7090.