高次の圏

Topological quantum field theory などのおかげで, 高次のもかなり一般的になってきた。 The String Coffee Table から派生して, The \(n\)-Category Café という group blog ができている。また nLabというWiki もできていて, 非常に活発である。 最近では, Lurie が Kerodon という project を始めた。Stacks project で行なわれていることを, Lurie の仕事に対して行なうのが目的らしい。 Stacks project で使われている Gerby というシステムを使っている。 まだ情報は少ないが, これからどんどん増えていくだろう。

\(n\)-Category Café に出た 記事の一つでは, \(n\)-category について以下の問題 (予想) が挙げられている。

Cobordism hypothesis と extended topological quantum field theory について は, Hopkins と Lurie [Lur09b] により最近大きく進歩したようである。 これについては, Schommer-Pries の解説 [Sch] を読むとよい。

\(n\)-category の解説としては, まず John Baez によるもの [Bae97] がある。 上記の Schommer-Pries の解説も Baez らに従ったもので, 前半は homotopy hypothesis, stabilization hypothesis, 特に cobordism hypothesis を中心に書かれている。その Baezと May が編集した “Towards higher categories” という本 [BM10] (論文集) もある。 そこに収録されている論文は全て nLab のページから download できる。これは, MathOverflowのこの質問 に対する May の回答で知った。

Ronald Brown の website には, “higher dimensional algebra” に関する情報がある。 本もいくつか出てきた。Lurie の higher topos theory に関する本 [Lur09a]も高次の圏の解説を含んでいる。Simpson の本 [Sim12] のアプローチは, Lurie の本に近い。 出版されたものから part V が抜けたものであるが, そのarXiv版 [Simc] もある。 Baez と Shulman の解説 [BS10]は, コホモロジーなどの代数的トポロジーの道具を \(n\)-category の視点から見ようというものである。Baez と Lauda の [BL11] は, 数理物理で高次の圏の概念がどのように登場したかを, 年代順に解説してあり面白い。 Eugenia Chengのweb site から download できる Cheng と Lauda による guide book には, 様々な \(n\)-category の定義の比較がある。 そう, 一口に高次の圏と言っても様々な定義があるのである。

まずは, \((n-1)\)-category で enrichされた category として帰納的に定義されるものがある。正確には strict \(n\)-category と呼ばれるものである。この意味の \(n\)-category は, \((n-1)\)-category の “categorification” とみなすこともできる。

  • strict \(n\)-category の定義

この意味の \(n\)-category は, 代数的トポロジーを少しでも齧ったことのある人なら簡単に理解できるだろう。 位相空間 (object \(=\) \(0\)-morphism) と連続写像 (morphism \(=\) \(1\)-morphism) とホモトピー(\(2\)-morphism)の成すものが典型的な \(2\)-category の例である。 ただしホモトピーはパラメーターの長さが\(1\)とは限らないもので, ホモトピーの結合は長さを保つ結合である。つまり Moore loop space の類似である。

Baezの解説にも書かれているように, この strict \(n\)-category の条件はちょっときつすぎる。実際の問題に現われるのは, もっと弱い意味の higher category なのである。 ところが問題は, strict \(n\)-category の条件をどのように弱めるかについて, 様々な選択肢があることである。 このことについては Leinster の論説 [Lei02] を読むとよい。Leinsterは, 高次の圏について様々な解説を書いていて, 高次の圏に関連した分野の全体像を得るのに非常に役に立つ。 Leinster が扱っている10の定義の他にも, Mayが提案している operad を用いたものがある。 May のホームページから download できる “ Operadic categories, \(A_{\infty }\) categories, and \(n\)-categories” というものである。Simpson は, [Simb] で Dwyer-Kan localization を用いて様々な \(n\)-category の比較をしている。また Toën は高次の圏の一意性の証明のために, [Toë05] で “theory of \((1,\infty )\)-category” の概念を導入している。 最近では, Lurie の \(\infty \)-category あるいは \((\infty ,1)\)-category という呼び方の方が定着しているようであるが。更に, identity morphism の概念を弱めるというアイデアもある。Joachim Kock の [Koc06] である。他にも, category object を取るという操作を繰り返して, 高次の圏を作るというアイデアもある。Fiore と Paoli [FP10] は \(n\)-fold category と呼んでいる。

これらの様々な試みで, operad は重要な役割を果たしている。E. Cheng は [Che11] で operad を用いて定義された Trimble の \(n\)-category と Batanin の \(n\)-category [Bat98] の比較を行っている。 Maltsiniotis の [Mal] によると, Batanin のものは, Grothendieck が “Pursuing Stacks” の中で考えた \(\infty \)-groupoid とかなり近いようである。

  • Grothendieck の \(\infty \)-groupoid

Grothendieck の \(\infty \)-groupoid については, Ara の [Araa] をまず見てみるのがよいと思う。Ara は, [Arab] で strict \(\infty \)-groupoid との比較も行なっている。

また opetope という概念も有用であるらしい。

Opetope については, [BD98; Che04; Che03; Koc+10] などの文献がある。Leinster の本 [Lei04] にも解説がある。

Topological quantum field theory で使うことを考えたものとして, Smyth と Woolf [SW] の Whitney \(n\)-category というものがある。同様に topological quantum field theory で使うために考えられたのが Feshbach と Voronov [FV] の pseudo \(n\)-category である。

一般の \(n\)-category は, このような理由で, まだ誰でも使える道具であるとは言えないが, \(2\)-category は既に様々な分野に使われている。その次の \(3\)-category は, Cheng と Makkai の [CM09] の introduction にもあるように, 問題が多い。Gordon と Power と Street の tricategory [GPS95] をはじめとして, いくつかモデルは考えられているが。Hoffnung [Hof] によると, その次の tetracategory の定義は, 1995年の Trimble の Street への手紙に書かれているらしい。幸い, この Hoffnung の論文にその定義が再録されている。

Weak \(2\)-category (bicategory) と weak \(3\)-category (tricategory) の最大の違いは, 前者は strict \(2\)-category に置き換えることができるのに対し, 後者はできないことにある。Weak \(3\)-category は, Gray category にしかできないのである。より高次の圏を考えるときには, この Gray category の概念を一般化しなければならないが, それを multitensor という概念により考えているのが, Weber らの仕事 [BW11; Weba; Webb; BCW] である。

  • multitensor

\(n \rightarrow \infty \) とすると, \(\infty \)-category または \(\omega \)-category という概念が得られる。 “\(\infty \)-category” という用語は, Lurie の影響で, 最近では \((\infty ,1)\)-category の意味で使われることが多いが。 \(\omega \)-category は Street により [Str87] で導入されたものである。その後, Street は weak \(\omega \)-category も定義している。

  • strict \(\omega \)-category
  • weak \(\omega \)-category [Str03]
  • oriental

\(\omega \)-category には様々な解釈があるが、 Steiner [Ste04] によると, strict \(\omega \)-category は chain complex 上の或る種の functor とみなすのが自然なようである。また Steiner は [Ste07b] で, strict \(\omega \)-category の full subcategory である Joyal の \(\Theta \) についても, chain complex を用いた解釈を与えている。

Rezk は, [Rez10] で, その Joyal の \(\Theta \) を用いた weak \(n\)-category の定義を提案している。

Street の論文のタイトルにもある oriented simplex は, oriental とも呼ばれ, \(\omega \)-category と関係が深いものである。Steiner が [Ste07a] で oriental の圏を考えている。Aitchison の [Ait] によると, Street の motivation は Roberts [Rob79] による relativistic qunatum field theory の formulation のためのものだったようである。Aitchison はcube版を考えている。

Street が strict \(n\)-category を調べるために [Str76] で考えた computad という概念は, Batanin [Bat] らにより weak \(n\)-category に使えるように拡張されている。同じものは Burroni や Métayer [Mét03] が polygraph という名前で使っているようである。 Métayer は [Mét] で globular set に基づいた \(\infty \)-category の圏での cofibration (とtrivial fibration) を, polygraph を用いて定義している。

Hermida らにより[HMP02] で導入された multitopic set は, Harnik らの [HMZ] によると computad の multicategory版のようである。

  • computad あるいは polygraph
  • multitopic set

\(\omega \)-category に対し, nerve を構成しようという試みもある。Simplicial nerve については Verity の [Ver08], cubical nerve については Steiner らの [ABS02] や [Ste06] などがある。

Verity の論文の title にある complicial set は, 1970年代半ばに数理物理学者の John Roberts により考えられたものらしい。

C. Simpson は [Sima] で \(n\)-category での (co)limit について考えている。Homotopy (co)limit との関係についても考えている。

別のアプローチとして double category を一般化した \(n\)-fold category を用いたものがある。Paoli [Paoa; Paod; Paoc] により研究されている。

  • weakly globular \(n\)-fold category

Paoli の [Paob]はその研究についてまとめたものであるが, Part I は higher category についての解説としても使える。

他にも, 無限次の圏の定義は色々ある。nerve を取る操作が small category の圏を simplicial set の圏に埋め込んでいて, しかもその像が Kan complex とよく似た特徴付けを持つことに着目し, Kan complex の定義を適当に弱めたもの, つまり weak Kan complexを, \(2\)次以上のmorphism が invertible である \(\infty \)-category (\((\infty ,1)\)-category) として用いるというアイデアもある。より一般に, \(n\)次以上の morphism が invertible であることを仮定した, \((\infty ,n)\)-category も考えられている。また, これらは “homotopy theory of homotopy theory” の model とも考えられる。

groupoidや群などの特別な種類の small category の高次元化も考えられている。 そして, 表現論の高次版も調べられるよ うになった。

高次の圏の応用としては, 最初に書いた topological quantum field theory や Lurie らの derived algebraic geometry などが最近目につく。他には, Schreiberらの 高次の圏による微 分幾何やその数理物理への応用などがある。

References

[ABS02]

Fahd Ali Al-Agl, Ronald Brown, and Richard Steiner. “Multiple categories: the equivalence of a globular and a cubical approach”. In: Adv. Math. 170.1 (2002), pp. 71–118. arXiv: math/0007009. url: http://dx.doi.org/10.1006/aima.2001.2069.

[Ait]

Iain R. Aitchison. The geometry of oriented cubes. arXiv: 1008.1714.

[Araa]

Dimitri Ara. On the homotopy theory of Grothendieck \(\infty \)-groupoids. arXiv: 1206.2941.

[Arab]

Dimitri Ara. Strict \(\infty \)-groupoids are Grothendieck \(\infty \)-groupoids. arXiv: 1212.3085.

[Bae97]

John C. Baez. “An introduction to \(n\)-categories”. In: Category theory and computer science (Santa Margherita Ligure, 1997). Vol. 1290. Lecture Notes in Comput. Sci. Berlin: Springer, 1997, pp. 1–33. arXiv: q-alg/9705009. url: http://dx.doi.org/10.1007/BFb0026978.

[Bat]

M. A. Batanin. Computads and slices of operads. arXiv: math/ 0209035.

[Bat98]

M. A. Batanin. “Monoidal globular categories as a natural environment for the theory of weak \(n\)-categories”. In: Adv. Math. 136.1 (1998), pp. 39–103. url: http://dx.doi.org/10.1006/aima.1998.1724.

[BCW]

Michael Batanin, Denis-Charles Cisinski, and Mark Weber. The Lifting Theorem for Multitensors. arXiv: 1106.1979.

[BD98]

John C. Baez and James Dolan. “Higher-dimensional algebra. III. \(n\)-categories and the algebra of opetopes”. In: Adv. Math. 135.2 (1998), pp. 145–206. arXiv: q - alg / 9702014. url: https://doi.org/10.1006/aima.1997.1695.

[BL11]

John C. Baez and Aaron D. Lauda. “A prehistory of \(n\)-categorical physics”. In: Deep beauty. Cambridge Univ. Press, Cambridge, 2011, pp. 13–128. arXiv: 0908.2469.

[BM10]

John C. Baez and J. Peter May, eds. Towards higher categories. Vol. 152. The IMA Volumes in Mathematics and its Applications. Springer, New York, 2010, pp. xiv+268. isbn: 978-1-4419-1523-8. url: https://doi.org/10.1007/978-1-4419-1524-5.

[BS10]

John C. Baez and Michael Shulman. “Lectures on \(n\)-categories and cohomology”. In: Towards higher categories. Vol. 152. IMA Vol. Math. Appl. New York: Springer, 2010, pp. 1–68. arXiv: math/0608420. url: http://dx.doi.org/10.1007/978-1-4419-1524-5_1.

[BW11]

Michael Batanin and Mark Weber. “Algebras of higher operads as enriched categories”. In: Appl. Categ. Structures 19.1 (2011), pp. 93–135. arXiv: 0803.3594. url: http://dx.doi.org/10.1007/s10485-008-9179-7.

[Che03]

Eugenia Cheng. “The category of opetopes and the category of opetopic sets”. In: Theory Appl. Categ. 11 (2003), No. 16, 353–374. arXiv: math/0304284.

[Che04]

Eugenia Cheng. “Weak \(n\)-categories: opetopic and multitopic foundations”. In: J. Pure Appl. Algebra 186.2 (2004), pp. 109–137. arXiv: math/0304277. url: http://dx.doi.org/10.1016/S0022-4049(03)00139-7.

[Che11]

Eugenia Cheng. “Comparing operadic theories of \(n\)-category”. In: Homology Homotopy Appl. 13.2 (2011), pp. 217–248. arXiv: 0809. 2070. url: http://dx.doi.org/10.4310/HHA.2011.v13.n2.a14.

[CM09]

Eugenia Cheng and Michael Makkai. “A note on the Penon definition of \(n\)-category”. In: Cah. Topol. Géom. Différ. Catég. 50.2 (2009), pp. 83–101. arXiv: 0907.3961.

[FP10]

Thomas M. Fiore and Simona Paoli. “A Thomason model structure on the category of small \(n\)-fold categories”. In: Algebr. Geom. Topol. 10.4 (2010), pp. 1933–2008. arXiv: 0808 . 4108. url: http://dx.doi.org/10.2140/agt.2010.10.1933.

[FV]

Mark Feshbach and Alexander A. Voronov. A higher category of cobordisms and topological quantum field theory. arXiv: 1108.3349.

[GPS95]

R. Gordon, A. J. Power, and Ross Street. “Coherence for tricategories”. In: Mem. Amer. Math. Soc. 117.558 (1995), pp. vi+81. url: https://doi.org/10.1090/memo/0558.

[HMP02]

Claudio Hermida, Michael Makkai, and John Power. “On weak higher-dimensional categories. I. 3”. In: J. Pure Appl. Algebra 166.1-2 (2002), pp. 83–104. url: http://dx.doi.org/10.1016/S0022-4049(01)00014-7.

[HMZ]

Victor Harnik, Michael Makkai, and Marek Zawadowski. Computads and Multitopic Sets. arXiv: 0811.3215.

[Hof]

Alexander E. Hoffnung. Spans in \(2\)-Categories: A monoidal tricategory. arXiv: 1112.0560.

[Koc+10]

Joachim Kock, André Joyal, Michael Batanin, and Jean-François Mascari. “Polynomial functors and opetopes”. In: Adv. Math. 224.6 (2010), pp. 2690–2737. arXiv: 0706.1033. url: http://dx.doi.org/10.1016/j.aim.2010.02.012.

[Koc06]

Joachim Kock. “Weak identity arrows in higher categories”. In: IMRP Int. Math. Res. Pap. (2006), pp. 69163, 1–54. arXiv: math/ 0507116.

[Lei02]

Tom Leinster. “A survey of definitions of \(n\)-category”. In: Theory Appl. Categ. 10 (2002), 1–70 (electronic). arXiv: math/0107188.

[Lei04]

Tom Leinster. Higher operads, higher categories. Vol. 298. London Mathematical Society Lecture Note Series. Cambridge: Cambridge University Press, 2004, pp. xiv+433. isbn: 0-521-53215-9. arXiv: math/0305049. url: http://dx.doi.org/10.1017/CBO9780511525896.

[Lur09a]

Jacob Lurie. Higher topos theory. Vol. 170. Annals of Mathematics Studies. Princeton University Press, Princeton, NJ, 2009, pp. xviii+925. isbn: 978-0-691-14049-0. url: http://dx.doi.org/10.1515/9781400830558.

[Lur09b]

Jacob Lurie. “On the classification of topological field theories”. In: Current developments in mathematics, 2008. Int. Press, Somerville, MA, 2009, pp. 129–280. arXiv: 0905.0465.

[Mal]

Georges Maltsiniotis. Grothendieck \(\infty \)-groupoids, and still another definition of \(\infty \)-categories. arXiv: 1009.2331.

[Mét]

François Métayer. Cofibrant complexes are free. arXiv: math / 0701746.

[Mét03]

François Métayer. “Resolutions by polygraphs”. In: Theory Appl. Categ. 11 (2003), No. 7, 148–184.

[Paoa]

Simona Paoli. Pseudo-functors modelling higher structures. arXiv: 1605.06835.

[Paob]

Simona Paoli. Segal-type models of higher categories. arXiv: 1707. 01868.

[Paoc]

Simona Paoli. Weakly globular \(N\)-fold categories as a model of weak \(N\)-categories. arXiv: 1609.04072.

[Paod]

Simona Paoli. Weakly globular Tamsamani \(N\)-categories and their rigidification. arXiv: 1607.04870.

[Rez10]

Charles Rezk. “A Cartesian presentation of weak \(n\)-categories”. In: Geom. Topol. 14.1 (2010), pp. 521–571. arXiv: 0901.3602. url: http://dx.doi.org/10.2140/gt.2010.14.521.

[Rob79]

John E. Roberts. “Mathematical aspects of local cohomology”. In: Algèbres d’opérateurs et leurs applications en physique mathématique (Proc. Colloq., Marseille, 1977). Vol. 274. Colloq. Internat. CNRS. Paris: CNRS, 1979, pp. 321–332.

[Sch]

Christopher Schommer-Pries. Dualizability in Low-Dimensional Higher Category Theory. arXiv: 1308.3574.

[Sima]

Carlos Simpson. Limits in \(n\)-categories. arXiv: alg-geom/9708010.

[Simb]

Carlos Simpson. Some properties of the theory of \(n\)-categories. arXiv: math/0110273.

[Simc]

Carlos T. Simpson. Homotopy theory of higher categories. arXiv: 1001.4071.

[Sim12]

Carlos Simpson. Homotopy theory of higher categories. Vol. 19. New Mathematical Monographs. Cambridge: Cambridge University Press, 2012, pp. xviii+634. isbn: 978-0-521-51695-2.

[Ste04]

Richard Steiner. “Omega-categories and chain complexes”. In: Homology Homotopy Appl. 6.1 (2004), pp. 175–200. arXiv: math/0403237. url: http://projecteuclid.org/euclid.hha/1139839551.

[Ste06]

Richard Steiner. “Thin fillers in the cubical nerves of omega-categories”. In: Theory Appl. Categ. 16 (2006), No. 8, 144–173. arXiv: math/0601386.

[Ste07a]

Richard Steiner. “Orientals”. In: Categories in algebra, geometry and mathematical physics. Vol. 431. Contemp. Math. Providence, RI: Amer. Math. Soc., 2007, pp. 427–439. arXiv: math/0601383. url: http://dx.doi.org/10.1090/conm/431/08283.

[Ste07b]

Richard Steiner. “Simple omega-categories and chain complexes”. In: Homology Homotopy Appl. 9.1 (2007), pp. 451–465. arXiv: math/0608680. url: http://projecteuclid.org/euclid.hha/1201127346.

[Str03]

Ross Street. “Weak omega-categories”. In: Diagrammatic morphisms and applications (San Francisco, CA, 2000). Vol. 318. Contemp. Math. Providence, RI: Amer. Math. Soc., 2003, pp. 207–213.

[Str76]

Ross Street. “Limits indexed by category-valued \(2\)-functors”. In: J. Pure Appl. Algebra 8.2 (1976), pp. 149–181. url: http://dx.doi.org/10.1016/0022-4049(76)90013-X.

[Str87]

Ross Street. “The algebra of oriented simplexes”. In: J. Pure Appl. Algebra 49.3 (1987), pp. 283–335. url: http://dx.doi.org/10.1016/0022-4049(87)90137-X.

[SW]

Conor Smyth and Jon Woolf. Whitney categories and the Tangle Hypothesis. arXiv: 1108.3724.

[Toë05]

Bertrand Toën. “Vers une axiomatisation de la théorie des catégories supérieures”. In: \(K\)-Theory 34.3 (2005), pp. 233–263. arXiv: math/ 0409598. url: http://dx.doi.org/10.1007/s10977-005-4556-6.

[Ver08]

Dominic Verity. “Complicial sets characterising the simplicial nerves of strict \(\omega \)-categories”. In: Mem. Amer. Math. Soc. 193.905 (2008), pp. xvi+184. arXiv: math/0410412.

[Weba]

Mark Weber. Free Products of Higher Operad Algebras. arXiv: 0909. 4722.

[Webb]

Mark Weber. Multitensors as monads on categories of enriched graphs. arXiv: 1106.1977.