Differential Graded Algebra

古典的なコホモロジーは, 可換環に係数を持つ時は積が定義され, graded algebra になる。 コホモロジーを取る前の cochain complexで考えると, differential graded algebra (dg algebra) というものになる。 コホモロジーを取ることで失われる情報を扱うためには, dg algebra のレベルで考えた方がよい。実際, それを実現した理論として rational homotopy theory がある。

別の方向での代数的トポロジーとの関連として, 位相空間の dg algebra の derived category を考えることもできる。 Jørgensen が [Jor; Jør06]で調べている。 [Jør08] に Jørgensen自身 による review がある。

  • 位相空間の cochain algebra 上の small differential graded module のなす derived category が Auslander-Reiten quiver を持つことと, その空間が Poincaré duality space であることは同値である。

Jørgensen は, 球面の Auslander-Reiten quiver を調べ, 球面の次元を区別できる不変量であることを示しているが, K. Schmidt は thesis [Sch] で一般の dg algebra の Auslander-Reiten quiver を調べている。Frankild と Jørgensen の [FJ] もその系統の仕事であり, 最後のsectionに代数的トポロジーへの応用が書いてある。

Dugger と Shipley は, dg algebra に対して, functorial に ring˙spectrum を対応させ, dg algebra の圏と ring spectrumの圏を比較する, ということを [DS07] で行なっている。対応する spectrum を dg algebra の Eilenberg-Mac Lane ring spectrum と呼んでいる。それを用いて, dg algebra のtopological equivalence を定義している。

  • differential graded algebra の topological equivalence

その元になっているのは, Shipley の [Shi07]で得られている次の結果のようである。 (ただしその論文の Theorem 1.2 には誤りがあり, [Shi] で少し弱い statement に置 き換えられている。)

  • \(R\) 上の dg algebra の model category と Eilenberg-Mac Lane spectrum \(HR\) 上の algebra の model category との間にジグザグの Quillen同値の列が存在する。

この対応は model category の間の対応なので, commutative ring spectrum に対応するものは, 可換な dg algebra ではなく, up to homotopy で可換な dg algebra になる。その ようなものは, \(E_{\infty }\)-dg algebra と呼ばれている。 Bayindir [Bay] が \(E_{\infty }\) dg algebra の間の \(E_{\infty }\) topological equivalence を定義し, 調べている。

  • \(E_{\infty }\) differential graded algebra
  • \(E_{\infty }\) differential graded algebra の間の \(E_{\infty }\) topological equivalence

dg algebra は, もちろん, 代数や代数幾何学でも用いられる。 有名(?)な事実としては, 「良い」scheme 上の coherent sheaf の bounded derived category は, ある dg algebra の derived categoryと同値になるというものがある。そのことから, ある種の dg algebra を代数幾何学的対象と考えようというのが Shklyarov の [Shk] である。 また, derived category の構成で homotopy category を取る前で止めて, dg category とみなす, というアイデアもある。

Tabuada [Tab12] によると, この方向の起源は Bondal と Kapranov の仕事 [BK89; BK90] のようである。

dg category は dg algebra の “many-objectification” としても重要である。 例えば, 上記の Shipley による \(R\) 上の dg algebra の圏と \(HR\)-algebra の圏との間の Quillen同値には, Tabuada による“many-objectification” [Tab] がある。

dg algebra の formality は, rational homotopy theory はもちろんであるが, それ以外の様々な分野で用いられる基本的な概念である。Kaledin が [Kal07] で不変量 (obstruction) を定義している。元の dg algebra のある deformation の\(2\)次のHochschild cohomology の元として定義している。その証明については, Lunts の [Lun10] を見るとよい。

その Lunts の論文にもあるように, dg algebra での議論を \(A_{\infty }\)-algebra に拡張して考えるのは自然であるし, その方がよい場合も多い。 例えば, Muro は[Mur16] で unitを持つ dg algebra と unit を持たない dg algebra を比較しているが, その際に \(A_{\infty }\)構造を用いている。

dg algebra は \(A_{\infty }\)-algebra とみなすことができるが, Granja と Hollander の [GH] によると, Kadeishvili [Kad82] は, dg algebra \(A\) に対しその homology \(H_*(A)\) に \(A_{\infty }\)-algebra の構造を定義し, さらに \(A\) と \(H_*(A)\) が \(A_{\infty }\)-algebra として quasi-isomorphic になることを示した, らしい。Granja と Hollander は, この事実を \(H_*(A)\)-module の実現問題に応用している。

部分的にしか積が定義されないものを考えることもある。McClure [McC06] は, PL多様体 のP L chain complex は intersection pairing により, partial commutative dg algebra になることを示している。

  • partial dg algebra

他にも chain complex の一般化である \(N\)-complex を用いた一般化もある。Angel と Díaz ら [AD07; ACD07] によるものと Kapranov [Kap] や Dubois-Violette ら [Dub96; DK96; Dub98] による \(1\) の\(N\)乗根を用いたものがある。

  • \(N\)-dg algebra

微分を2回続けて \(0\) になる, という条件を弱めた一般化としては curved dg algebra というものもある。

双対的に dg coalgebra の概念も考えられる。そして Eilenberg と Moore [EM64] の時代, いやそれ以前に Adams [Ada56] の時代から, dg coalgebra は代数的トポロジーで使われてきた。

  • dg coalgebra

最近 Anel と Joyal [AJ] が dg coalgebra と dg algebra の関係を考察し, その関係を Sweedler theory という名前で呼んでいる。

  • Sweedler theory

References

[ACD07]

Mauricio Angel, Jaime Camacaro, and Rafael Dı́az. “On the \((3,N)\) Maurer-Cartan equation”. In: J. Nonlinear Math. Phys. 14.4 (2007), pp. 540–561. arXiv: 0704.0824. url: http://dx.doi.org/10.2991/jnmp.2007.14.4.4.

[AD07]

Mauricio Angel and Rafael Dı́az. “On \(N\)-differential graded algebras”. In: J. Pure Appl. Algebra 210.3 (2007), pp. 673–683. arXiv: math/0504398. url: http://dx.doi.org/10.1016/j.jpaa.2006.11.009.

[Ada56]

J. F. Adams. “On the cobar construction”. In: Proc. Nat. Acad. Sci. U.S.A. 42 (1956), pp. 409–412.

[AJ]

Matthieu Anel and André Joyal. Sweedler Theory for (co)algebras and the bar-cobar constructions. arXiv: 1309.6952.

[Bay]

Haldun Ozgur Bayindir. Topological Equivalences of E-infinity Differential Graded Algebras. arXiv: 1706.08554.

[BK89]

A. I. Bondal and M. M. Kapranov. “Representable functors, Serre functors, and reconstructions”. In: Izv. Akad. Nauk SSSR Ser. Mat. 53.6 (1989), pp. 1183–1205, 1337.

[BK90]

A. I. Bondal and M. M. Kapranov. “Framed triangulated categories”. In: Mat. Sb. 181.5 (1990), pp. 669–683.

[DK96]

M. Dubois-Violette and R. Kerner. “Universal \(q\)-differential calculus and \(q\)-analog of homological algebra”. In: Acta Math. Univ. Comenian. (N.S.) 65.2 (1996), pp. 175–188. arXiv: q-alg/9608026.

[DS07]

Daniel Dugger and Brooke Shipley. “Topological equivalences for differential graded algebras”. In: Adv. Math. 212.1 (2007), pp. 37–61. arXiv: math/0604259. url: http://dx.doi.org/10.1016/j.aim.2006.09.013.

[Dub96]

Michel Dubois-Violette. “Generalized differential spaces with \(d^N=0\) and the \(q\)-differential calculus”. In: Czechoslovak J. Phys. 46.12 (1996). Quantum groups and integrable systems, I (Prague, 1996), pp. 1227–1233. arXiv: q-alg/9609012. url: http://dx.doi.org/10.1007/BF01690337.

[Dub98]

Michel Dubois-Violette. “Generalized homologies for \(d^N=0\) and graded \(q\)-differential algebras”. In: Secondary calculus and cohomological physics (Moscow, 1997). Vol. 219. Contemp. Math. Providence, RI: Amer. Math. Soc., 1998, pp. 69–79.

[EM64]

Samuel Eilenberg and J. C. Moore. “Homological algebra and fibrations”. In: Colloque de Topologie (Brussels, 1964). Librairie Universitaire, Louvain, 1964, pp. 81–90.

[FJ]

Anders J. Frankild and Peter Jorgensen. Homological properties of cochain Differential Graded algebras. arXiv: 0801.1581.

[GH]

Gustavo Granja and Sharon Hollander. Realizing modules over the homology of a DGA. arXiv: 0708.2235.

[Jor]

Peter Jorgensen. Auslander-Reiten triangles and quivers over topological spaces. arXiv: math/0304079.

[Jør06]

Peter Jørgensen. “The Auslander-Reiten quiver of a Poincaré duality space”. In: Algebr. Represent. Theory 9.4 (2006), pp. 323–336. arXiv: math/0304080. url: http://dx.doi.org/10.1007/s10468-006-9007-4.

[Jør08]

Peter Jørgensen. “Calabi-Yau categories and Poincaré duality spaces”. In: Trends in representation theory of algebras and related topics. EMS Ser. Congr. Rep. Eur. Math. Soc., Zürich, 2008, pp. 399–431. arXiv: 0801.2052. url: http://dx.doi.org/10.4171/062-1/9.

[Kad82]

T. V. Kadeishvili. “The algebraic structure in the homology of an \(A(\infty )\)-algebra”. In: Soobshch. Akad. Nauk Gruzin. SSR 108.2 (1982), 249–252 (1983).

[Kal07]

D. Kaledin. “Some remarks on formality in families”. In: Mosc. Math. J. 7.4 (2007), pp. 643–652, 766. arXiv: math/0509699.

[Kap]

M. M. Kapranov. On the \(q\)-analog of homological algebra. arXiv: q-alg/9611005.

[Lun10]

Valery A. Lunts. “Formality of DG algebras (after Kaledin)”. In: J. Algebra 323.4 (2010), pp. 878–898. arXiv: 0712.0996. url: http://dx.doi.org/10.1016/j.jalgebra.2009.11.030.

[McC06]

J. E. McClure. “On the chain-level intersection pairing for PL manifolds”. In: Geom. Topol. 10 (2006), 1391–1424 (electronic). arXiv: math/0410450. url: http://dx.doi.org/10.2140/gt.2006.10.1391.

[Mur16]

Fernando Muro. “Homotopy units in \(A\)-infinity algebras”. In: Trans. Amer. Math. Soc. 368.3 (2016), pp. 2145–2184. arXiv: 1111.2723. url: https://doi.org/10.1090/tran/6545.

[Sch]

Karsten Schmidt. Auslander-Reiten theory for simply connected differential graded algebras. arXiv: 0801.0651.

[Shi]

Brooke Shipley. Correction to: \(H\Z \)-algebra spectra are differential graded algebras. arXiv: 0708.1299.

[Shi07]

Brooke Shipley. “\(H\Z \)-algebra spectra are differential graded algebras”. In: Amer. J. Math. 129.2 (2007), pp. 351–379. arXiv: math/0209215. url: http://dx.doi.org/10.1353/ajm.2007.0014.

[Shk]

D. Shklyarov. On Serre duality for compact homologically smooth DG algebras. arXiv: math/0702590.

[Tab]

Goncalo Tabuada. Topological Hochschild and cyclic homology for Differential graded categories. arXiv: 0804.2791.

[Tab12]

Gonçalo Tabuada. “A guided tour through the garden of noncommutative motives”. In: Topics in noncommutative geometry. Vol. 16. Clay Math. Proc. Providence, RI: Amer. Math. Soc., 2012, pp. 259–276. arXiv: 1108.3787.