表現論などで使われる monoidal category

Monoidal category は, 代数的トポロジーでは, 多重ループ空間の理論などで重要な役割を果す概念であるが, additive category, 特に体\( k\) 上の \(k\)-linear category になっている monoidal category は 表現論などの分野でよく使われる。特に, symmetric monoidal category になっているものを tensor category と呼ぶことが多いようである。ただ Zhang の [Zha] のように, 単なる monoidal category のことを tensor category と呼ぶ人もいるようで, 何を “tensor category” と呼ぶかは, 人によって異なるようである。 Calaque と Etingof の [CE08] では, rigid monoidal category であり, monoidal structure と compatible な Abelian category の構造を持ち, ある種の有限性を持つものを tensor category と呼んでいるが, これが最も一般的なのだろうか。

更に, 様々な条件を追加したものもよく目にする。

Symmetric tensor category については, Etingof の lecture note [EK] がある。

後者二つは, Barrett と Westbury により [BW99] で定義された。

Tensor category に対し, その Picard group が定義できる。例えば, Schweigert らの [SFR07] などで使われている。ただし, linear であることは必要ないので, 一般の symmetric monoidal category で考えた方がよいだろう。 それについては, May の [May01] を見るとよい。

Tensor category の Grothendieck group には積が入り, 環になることも重要である。Symmetric monoidal なので可換環になる。Gelaki [Gel11] によると, Serre は群やLie algebra の表現の成す tensor category については, そのGrothendieck ring の \(\mathrm {Spec}\) が連結であることを証明したらしい。Gelaki は, その一般化を考えている。

逆に, 与えられた環のもとになっている tensor category を探すことは, categorification の一種である。

Associative algebra や Lie algebra などの様々な代数的構造では, 係数を拡大したり integral form を考えたりするが, それを tensor category で考えているのが Etingof と Gelaki の [EG12] である。

Tensor category の quotient について考察しているのが, Hai の [Hai] である。代数的な文脈で quotient と言えば exact sequence であるが, 当然 tensor category の exact sequence を考えている人もいる。Bruguières と Natale [BN11; BN14] である。 彼らの考 えているのは, Hopf algebra の exact sequence の拡張としての tensor category の exact sequence である。 解説としては, Natale の [Nat21] がある。

  • tensor category の exact sequence

その一般化が Etingof と Gelaki [EG17] により提案されている。

他には tensor category 上の module category という概念もある。

Mombelli が [Mom10] の Introduction で書いているように, tensor category 上の module category と意識しないで使われていることも多いようである。

群 \(G\) の作用があると, crossed product (あるいは semidirect product あるいは orbit category) として \(G\)-graded tensor category が構成できる。Tambara の [Tam01] など。\(G\)-graded tensor category の中で良い性質を持つものを調べているのが, Galindo の [Gal11] である。

  • crossed product
  • \(G\)-graded tensor category

Fuchs と Schweigert の [FS03] は, tensor category の monoid object (彼等は algebra object と呼んでいる) とその上の module の性質を調べることにより conformal field theory の boundary condition について考えている。

Joyal と Street [JS93] は, twist を持つ braided monoidal category を balanced monoidal category と呼び, 更に autonomous なものを tortile monoidal category と呼んでいる。これは, Lyubashenko [Lyu95a; Lyu95b] などで ribbon category と呼ばれているものと同じもののようである。

  • balanced monoidal category
  • toritle monoidal category あるいは ribbon category

Chirvasitu と Johnson-Freyd [CJ13] は, locally presentable な monoidal category のことを \(2\)-ring と呼んでいる。当然 symmetric monoidal なものは, commutative \(2\)-ring である。

  • \(2\)-ring と commutative \(2\)-ring

彼らは Tannaka-Krein duality の拡張として, commutative \(2\)-ring の代数幾何を考えることを提案している。

Abelian monoidal category の中から quasicoherent sheaf の成すものを特徴付けるということも考えられている。そのために Schäppi [Sch; Sch18] は weak Tannakian category という構造を考えている。

References

[BN11]

Alain Bruguières and Sonia Natale. “Exact sequences of tensor categories”. In: Int. Math. Res. Not. IMRN 24 (2011), pp. 5644–5705. arXiv: 1006.0569. url: http://dx.doi.org/10.1093/imrn/rnq294.

[BN14]

Alain Bruguières and Sonia Natale. “Central exact sequences of tensor categories, equivariantization and applications”. In: J. Math. Soc. Japan 66.1 (2014), pp. 257–287. arXiv: 1112 . 3135. url: https://doi.org/10.2969/jmsj/06610257.

[BW99]

John W. Barrett and Bruce W. Westbury. “Spherical categories”. In: Adv. Math. 143.2 (1999), pp. 357–375. arXiv: hep-th/9310164. url: http://dx.doi.org/10.1006/aima.1998.1800.

[CE08]

Damien Calaque and Pavel Etingof. “Lectures on tensor categories”. In: Quantum groups. Vol. 12. IRMA Lect. Math. Theor. Phys. Eur. Math. Soc., Zürich, 2008, pp. 1–38. arXiv: math/0401246. url: http://dx.doi.org/10.4171/047-1/1.

[CJ13]

Alex Chirvasitu and Theo Johnson-Freyd. “The fundamental pro-groupoid of an affine 2-scheme”. In: Appl. Categ. Structures 21.5 (2013), pp. 469–522. arXiv: 1105.3104. url: https://doi.org/10.1007/s10485-011-9275-y.

[EG12]

Pavel Etingof and Shlomo Gelaki. “Descent and forms of tensor categories”. In: Int. Math. Res. Not. IMRN 13 (2012), pp. 3040–3063. arXiv: 1102.0657. url: https://doi.org/10.1093/imrn/rnr119.

[EG17]

Pavel Etingof and Shlomo Gelaki. “Exact sequences of tensor categories with respect to a module category”. In: Adv. Math. 308 (2017), pp. 1187–1208. arXiv: 1504 . 01300. url: https://doi.org/10.1016/j.aim.2016.12.021.

[EK]

Pavel Etingof and Arun S. Kannan. Lectures on Symmetric Tensor Categories. arXiv: 2103.04878.

[FS03]

Jürgen Fuchs and Christoph Schweigert. “Category theory for conformal boundary conditions”. In: Vertex operator algebras in mathematics and physics (Toronto, ON, 2000). Vol. 39. Fields Inst. Commun. Providence, RI: Amer. Math. Soc., 2003, pp. 25–70. arXiv: math/0106050.

[Gal11]

César Galindo. “Crossed product tensor categories”. In: J. Algebra 337 (2011), pp. 233–252. arXiv: 0911 . 0881. url: http://dx.doi.org/10.1016/j.jalgebra.2011.04.012.

[Gel11]

Shlomo Gelaki. “Virtually indecomposable tensor categories”. In: Math. Res. Lett. 18.5 (2011), pp. 957–967. arXiv: 1101.3054. url: https://doi.org/10.4310/MRL.2011.v18.n5.a13.

[Hai]

Phung Ho Hai. A construction of a quotient tensor category. arXiv: math/0603279.

[JS93]

André Joyal and Ross Street. “Braided tensor categories”. In: Adv. Math. 102.1 (1993), pp. 20–78. url: http://dx.doi.org/10.1006/aima.1993.1055.

[Lyu95a]

V. Lyubashenko. “Modular transformations for tensor categories”. In: J. Pure Appl. Algebra 98.3 (1995), pp. 279–327. url: http://dx.doi.org/10.1016/0022-4049(94)00045-K.

[Lyu95b]

Volodimir Lyubashenko. “Modular properties of ribbon abelian categories”. In: Proceedings of the 2nd Gauss Symposium. Conference A: Mathematics and Theoretical Physics (Munich, 1993). Sympos. Gaussiana. Berlin: de Gruyter, 1995, pp. 529–579. arXiv: hep-th/ 9405168.

[May01]

J. P. May. “Picard groups, Grothendieck rings, and Burnside rings of categories”. In: Adv. Math. 163.1 (2001), pp. 1–16. url: http://dx.doi.org/10.1006/aima.2001.1996.

[Mom10]

Martı́n Mombelli. “Module categories over pointed Hopf algebras”. In: Math. Z. 266.2 (2010), pp. 319–344. arXiv: 0811.4090. url: https://doi.org/10.1007/s00209-009-0571-2.

[Nat21]

Sonia Natale. “On the notion of exact sequence: from Hopf algebras to tensor categories”. In: Hopf algebras, tensor categories and related topics. Vol. 771. Contemp. Math. Amer. Math. Soc., [Providence], RI, [2021] ©2021, pp. 225–254. arXiv: 2003.12420. url: https://doi.org/10.1090/conm/771/15514.

[Sch]

Daniel Schäppi. A characterization of categories of coherent sheaves of certain algebraic stacks. arXiv: 1206.2764.

[Sch18]

Daniel Schäppi. “Which abelian tensor categories are geometric?” In: J. Reine Angew. Math. 734 (2018), pp. 145–186. arXiv: 1312.6358. url: https://doi.org/10.1515/crelle-2014-0053.

[SFR07]

Christoph Schweigert, Jürgen Fuchs, and Ingo Runkel. “Twining characters and Picard groups in rational conformal field theory”. In: Lie algebras, vertex operator algebras and their applications. Vol. 442. Contemp. Math. Providence, RI: Amer. Math. Soc., 2007, pp. 463–474. arXiv: math/0602077. url: http://dx.doi.org/10.1090/conm/442/08542.

[Tam01]

Daisuke Tambara. “Invariants and semi-direct products for finite group actions on tensor categories”. In: J. Math. Soc. Japan 53.2 (2001), pp. 429–456. url: http://dx.doi.org/10.2969/jmsj/05320429.

[Zha]

Shouchuan Zhang. Braided Hopf Algebras. arXiv: math/0511251.