Richard Thompson の群

Richard Thompson は, 1965年に, 単位区間 \([0,1]\) の PL同相群の部分群として, ある離散群 \(F\) を定義した。Thompson の群と呼ばれているようであるが, 有限群で有名な John Thompson の名が付いた finite sporadic group と混同しないように, Richard Thompson の群と呼んだ方が良いと思う。関連した \(V\) や \(T\) という群もある。解説としては Cannon と Floyd と Parry の [CFP96] がある。Fiore と Leinster による monoidal category を用いた特徴付け [FL10] もある。

  • \(F\)
  • \(T\)
  • \(V\)

\(F\) は, Freyd とHeller [FH93] や Dydak [Dyd77] の homotopy idempotent についての論文にも現れる。 この MathOverflow の質問の回答にも登場するように, これらは Brown の表現定理とも関係している。 Cannon と Floyd と Parry の解説 [CFP96] によると, これは \(F\) の独立な再発見のようである。

他の応用としては, 暗号理論に使うことも試み [SU05] られている。

Gil Kalai の blog で, 2004年に AIM (American Institute of Mathematics) で Richard Thompson の群についての workshop が開かれたことを知った。そこでの problem session の PDF ファイルも download できる。その中の最初の問題は, amenability であるが, それについては, amenable であることを証明したという人 [Sha] も現われた。その Shavgulidze の証明について, Brin らがセミナーを行ない, それ経過を arXiv のファイル [Bri] を更新することにより記録するということを行なっている。

一方で, amenable でないということを証明したと主張する人 [Akh] もいる。一度 arXiv に現れた後, withdraw され, 再度登場した。

このblog postによると, Richard Thompson の群の amenability については, “wide open” と考えてよいようである。

そのホモロジーは, Kenneth S. Brown と Geoghegan [BG84] により決定されている。 興味深いことに, そのホモロジーは積をもつ。 Brown の [Bro06] に, 積構造も込めたホモロジーの決定について書いてある。

Dranishnikov と Sapir [DS11] は, その dimension growth について調べている。

Bieri らは, [BGK10] で \(F\) の Bieri-Neumann-Strebel-Renz invariant について調べている。

\(T\) は \(S^1\) のPL同相群の部分群である。Funar と Sergiescu [FS10] は, その central extension と dilogarithm との関係を調べている。

他にも, Richard Thompson の群の拡大は色々考えられている。例えば \(V\) の braided version がある。Brin [Bri96; Bri07] とDehornoy [Deh05; Deh06] により定義されたものらしい。 \(F\) の braided version も, Brady, Brillo, Cleary, Stein の [Bra+08] で導入されている。

  • braided Thompson groups \(BV\), \(BF\)
  • braided Thompson group の pure braid subgroup \(PBV\)
  • braided Ptolemy-Thompson group \(T^*\) (Funar と Kapoudjian の [FK08])

Bux, Fluch, Schwandt, Witzel, Zaremsky [Bux+] は, braided Thompson group \(BV\), \(BF\) は type \(F_{\infty }\) であることを示している。

Funar と Kapoudjian [FK04; FK08; FK11; FKS] によると, braided Thompson group は infinite surface の mapping class group と関係が深いようである。

Dehornoy は, [Deh05] で, より一般的な “geometric group” という視点から, presentation を得る方法を考えている。\(F\) や \(V\) の新しい presentation を得, braid 群対称群との関係も調べている。Jonathan Cohen の [Coh] ではその categorification が考えられている。

また, Dehornoy は [Deh] で, Tamari lattice との関係を調べている。

Richard Thompson の群は, 単位区間 \([0,1]\) や \(S^1\) や Cantor set の同相群の部分群であるが, これら“\(1\)次元”のものを, より高次元のものに変えて類似の群を定義することも考えられている。Brin の [Bri04; Bri05] など。Fluch らの [Flu+13] では, Brin-Thomspon group と呼ばれている。

  • higher dimensional Thompson groups あるいは Brin-Thompson group

Funar と Neretin [FN] によると, Brin-Thompson group や braided Thompson group は, 多様体の Cantor set のある種の diffeomorphism group として得られるようである。

Fluch ら [Flu+13]は, Brin-Thompson group が type \(\mathrm{F}_{\infty }\) であ ることを示している。道具として, discrete Morse theory を用いている。

Higman [Hig74] により導入された一般化は Higman-Thompson group と呼ばれるようである。

  • Higman-Thompson group \(V_{n,r}\)

そのホモロジーが Szymik と Wahl [Szy]により決定されているが, その結果が面白い。\(V_{n,r}\) のホモロジーは mod \(n-1\) Moore spectruminfinite loop space のホモロジーに同型になるという。

Belk と Forrest [BF15] により導入された basilica Thompson group というものもある。Basilica Julia set同相群の部分群として定義される。

  • basilica Thompson group

他の一般化 (類似のもの) としては, 以下のものが Thumann の [Thua]で述べられている。

  • diagram group [GS97]
  • groups of piecewise linear homeomorphisms [Ste92]
  • locally finitely determined groups of local similarities [Hug]

新しい視点として, Thumann [Thub] が operad を用いて様々な Thompson-type group を統一的に operad group として扱うことを提案している。

  • operad group

そして [Thua] で, operad group が type \(\mathrm{F}_{\infty }\) であることを示している。

Funar と Neretin [FN] によると, Cantor set 上の微分構造を考え, その diffeomorphism group や mapping class group として表すこともできるようである。

V. Jones [Jon] は, Richard Thompson group \(F\) と \(T\) から link を作ったり, link から Richard Thompson group の元を作ったりする方法を, planar algebra を用いて考えた。 Moskovich によるこの blog postをまず読むとよい。

References

[Akh]

Azer Akhmedov. A new metric criterion for non-amenability III: Non-amenability of R.Thompson’s group F. arXiv: 0902.3849.

[BF15]

James Belk and Bradley Forrest. “A Thompson group for the basilica”. In: Groups Geom. Dyn. 9.4 (2015), pp. 975–1000. arXiv: 1201.4225. url: http://dx.doi.org/10.4171/GGD/333.

[BG84]

Kenneth S. Brown and Ross Geoghegan. “An infinite-dimensional torsion-free \(\mathrm{FP}_{\infty }\) group”. In: Invent. Math. 77.2 (1984), pp. 367–381. url: http://dx.doi.org/10.1007/BF01388451.

[BGK10]

Robert Bieri, Ross Geoghegan, and Dessislava H. Kochloukova. “The sigma invariants of Thompson’s group \(F\)”. In: Groups Geom. Dyn. 4.2 (2010), pp. 263–273. arXiv: 0807.5138. url: http://dx.doi.org/10.4171/GGD/83.

[Bra+08]

Tom Brady, José Burillo, Sean Cleary, and Melanie Stein. “Pure braid subgroups of braided Thompson’s groups”. In: Publ. Mat. 52.1 (2008), pp. 57–89. arXiv: math/0603548. url: http://dx.doi.org/10.5565/PUBLMAT_52108_03.

[Bri]

Matthew G. Brin. On Shavgulidze’s Proof of the Amenability of some Discrete Groups of Homeomorphisms of the Unit Interval. arXiv: 0908.1353.

[Bri04]

Matthew G. Brin. “Higher dimensional Thompson groups”. In: Geom. Dedicata 108 (2004), pp. 163–192. arXiv: math/0406046. url: http://dx.doi.org/10.1007/s10711-004-8122-9.

[Bri05]

Matthew G. Brin. “Presentations of higher dimensional Thompson groups”. In: J. Algebra 284.2 (2005), pp. 520–558. arXiv: math/0501082. url: http://dx.doi.org/10.1016/j.jalgebra.2004.10.028.

[Bri07]

Matthew G. Brin. “The algebra of strand splitting. I. A braided version of Thompson’s group \(V\)”. In: J. Group Theory 10.6 (2007), pp. 757–788. arXiv: math/0406042. url: http://dx.doi.org/10.1515/JGT.2007.055.

[Bri96]

Matthew G. Brin. “The chameleon groups of Richard J. Thompson: automorphisms and dynamics”. In: Inst. Hautes Études Sci. Publ. Math. 84 (1996), 5–33 (1997). arXiv: math/9507205. url: http://www.numdam.org/item?id=PMIHES_1996__84__5_0.

[Bro06]

Kenneth S. Brown. “The homology of Richard Thompson’s group \(F\)”. In: Topological and asymptotic aspects of group theory. Vol. 394. Contemp. Math. Providence, RI: Amer. Math. Soc., 2006, pp. 47–59. arXiv: math/0411347. url: http://dx.doi.org/10.1090/conm/394/07433.

[Bux+]

Kai-Uwe Bux, Martin Fluch, Marco Marschler, Stefan Witzel, and Matthew C. B. Zaremsky. The braided Thompson’s groups are of type \(\mathrm{F}_{\infty }\). arXiv: 1210.2931.

[CFP96]

J. W. Cannon, W. J. Floyd, and W. R. Parry. “Introductory notes on Richard Thompson’s groups”. In: Enseign. Math. (2) 42.3-4 (1996), pp. 215–256.

[Coh]

Jonathan A. Cohen. Coherent presentations of structure monoids and the Higman-Thompson groups. arXiv: 0802.3511.

[Deh]

Patrick Dehornoy. Tamari Lattices and the symmetric Thompson monoid. arXiv: 1109.5296.

[Deh05]

Patrick Dehornoy. “Geometric presentations for Thompson’s groups”. In: J. Pure Appl. Algebra 203.1-3 (2005), pp. 1–44. arXiv: math/0407096. url: http://dx.doi.org/10.1016/j.jpaa.2005.02.012.

[Deh06]

Patrick Dehornoy. “The group of parenthesized braids”. In: Adv. Math. 205.2 (2006), pp. 354–409. arXiv: math/0407097. url: http://dx.doi.org/10.1016/j.aim.2005.07.012.

[DS11]

Alexander Dranishnikov and Mark Sapir. “On the dimension growth of groups”. In: J. Algebra 347 (2011), pp. 23–39. arXiv: 1008.3868. url: http://dx.doi.org/10.1016/j.jalgebra.2011.09.004.

[Dyd77]

Jerzy Dydak. “A simple proof that pointed FANR-spaces are regular fundamental retracts of ANR’s”. In: Bull. Acad. Polon. Sci. Sér. Sci. Math. Astronom. Phys. 25.1 (1977), pp. 55–62.

[FH93]

Peter Freyd and Alex Heller. “Splitting homotopy idempotents. II”. In: J. Pure Appl. Algebra 89.1-2 (1993), pp. 93–106. url: http://dx.doi.org/10.1016/0022-4049(93)90088-B.

[FK04]

L. Funar and C. Kapoudjian. “On a universal mapping class group of genus zero”. In: Geom. Funct. Anal. 14.5 (2004), pp. 965–1012. arXiv: math/0210007. url: http://dx.doi.org/10.1007/s00039-004-0480-9.

[FK08]

Louis Funar and Christophe Kapoudjian. “The braided Ptolemy-Thompson group is finitely presented”. In: Geom. Topol. 12.1 (2008), pp. 475–530. arXiv: math/0506397. url: http://dx.doi.org/10.2140/gt.2008.12.475.

[FK11]

Louis Funar and Christophe Kapoudjian. “The braided Ptolemy-Thompson group is asynchronously combable”. In: Comment. Math. Helv. 86.3 (2011), pp. 707–768. arXiv: math/0602490. url: http://dx.doi.org/10.4171/CMH/239.

[FKS]

Louis Funar, Christophe Kapoudjian, and Vlad Sergiescu. Asymptotically rigid mapping class groups and Thompson’s groups. arXiv: 1105.0559.

[FL10]

Marcelo Fiore and Tom Leinster. “An abstract characterization of Thompson’s group \(F\)”. In: Semigroup Forum 80.2 (2010), pp. 325–340. arXiv: math/0508617. url: http://dx.doi.org/10.1007/s00233-010-9209-2.

[Flu+13]

Martin G. Fluch, Marco Marschler, Stefan Witzel, and Matthew C. B. Zaremsky. “The Brin-Thompson groups \(sV\) are of type \(\mathrm{F}_{\infty }\)”. In: Pacific J. Math. 266.2 (2013), pp. 283–295. arXiv: 1207.4832. url: https://doi.org/10.2140/pjm.2013.266.283.

[FN]

Louis Funar and Yurii Neretin. Diffeomorphisms groups of Cantor sets and Thompson-type groups. arXiv: 1411.4855.

[FS10]

Louis Funar and Vlad Sergiescu. “Central extensions of the Ptolemy-Thompson group and quantized Teichmüller theory”. In: J. Topol. 3.1 (2010), pp. 29–62. arXiv: 0802.2996. url: http://dx.doi.org/10.1112/jtopol/jtp033.

[GS97]

Victor Guba and Mark Sapir. “Diagram groups”. In: Mem. Amer. Math. Soc. 130.620 (1997), pp. viii+117. url: https://doi.org/10.1090/memo/0620.

[Hig74]

Graham Higman. Finitely presented infinite simple groups. Notes on Pure Mathematics, No. 8 (1974). Department of Pure Mathematics, Department of Mathematics, I.A.S. Australian National University, Canberra, 1974, pp. vii+82.

[Hug]

Bruce Hughes. Local similarities and the Haagerup property. arXiv: 0804.0610.

[Jon]

Vaughan F. R. Jones. Some unitary representations of Thompson’s groups \(F\) and \(T\). arXiv: 1412.7740.

[Sha]

E. T. Shavgulidze. About amenability of subgroups of the group of diffeomorphisms of the interval. arXiv: 0906.0107.

[Ste92]

Melanie Stein. “Groups of piecewise linear homeomorphisms”. In: Trans. Amer. Math. Soc. 332.2 (1992), pp. 477–514. url: http://dx.doi.org/10.2307/2154179.

[SU05]

V. Shpilrain and A. Ushakov. “Thompson’s group and public key cryptography”. In: Applied Cryptography and Network Security. Springer. 2005, pp. 175–217. arXiv: math/0505487.

[Szy]

Markus Szymik. Homology and the stability problem in the Thompson group family. arXiv: 1411.5035.

[Thua]

Werner Thumann. Operad groups and their finiteness properties. arXiv: 1409.1085.

[Thub]

Werner Thumann. Operad groups as a unified framework for Thompson-like groups. arXiv: 1407.5171.