Exponential space と Ran space

位相空間 \(X\) に対し, その有限部分集合を元とする空間を構成する方法には様々なものがある。 例えば, configuration spacesymmetric product などである。これらは, 同じ cardinality のものを集めてできたものであるが, 異なる cardinality の有限部分集合を集めることも考えられている。Exponential space や Ran space などと呼ばれているものである。 Nakandakari と Tsukuda の [NT] では, symmetric potency と呼ばれている。 Lurie の [Lur] では, \(X\) が連結ではないときは \(X\) の各連結成分と交わる有限部分集合の集合として定義されている。 ここでは exponential space と呼ぶことにしよう。

  • \(X\) の exponential space \(\exp (X)\)
  • \(k\in \N \) に対し cardinality \(k\) 以下の部分集合の成す部分空間 \(\exp _k(X)\)

Beilinson と Drinfel\('\)d の [BD04] によると, 最初にこのような空間を考えたのは Borsuk と Ulam [BU31] らしい。 彼等は, chiral algebra を sheaf として定義するための底空間として exponential space を用いている。 そのような代数幾何学的な利用を考えたのは Ziv Ran [Ran93; Ran00] らしい。

Cepek と Lejay [CL] によると, その位相には3つの選択肢がある。Beilinson と Drinfel\('\)d の [BD04] で使われている colimit topology, Lurie の [Lur] で使われているもの, そして Costello と Gwilliam [CG17] により factorization algebra を定義するために使われているもの, の3つである。 Exponential space の位相については, この Cepek と Lejay の論文を見るのが良いと思う。

Francis と Gaitsgory [FG12] の言うように, scheme に対して exponential space を scheme として定義するのは無理がある。彼等の考えているように, 有限集合のなす category の opposite category からの functor として考えるのが良さそうである。そして exponential space そのものよりも, その上の sheaf の category を定義すべきだろう。 Exponential space の上の sheaf については, Yanagida の [Yan] の §1.2 にもまとめられている。

Cardinality に制限を付けない \(\exp (X)\) については, この Beilinson と Drinfel\('\)d の本の §3.4 にいくつかの性質がまとめられている。 Lurie の [Lur] の §3.3 にも基本的な性質が書かれている。

  • \(X\) が距離空間のときには, \(\exp (X)\) の位相は Hausdorff 距離により定まる位相と一致する。
  • \(X\) が連結な多様体ならば, \(\exp (X)\) は weakly contractible である。

また Curtis と Nguyen [CT85] により, \(X\) が距離空間のとき, \(\exp (X)\) が \(\ell ^2\) の有限個の座標を除いて \(0\) である元の成す部分ベクトル空間と同相になる条件が求められている。

一方 cardinality に制限をつけた \(\exp _{k}(X)\) については, Rose の [Rosa] によると, まず Handel の [Han00] を見ると良いようである。 位相について詳しく調べられている。 歴史については, Tuffley の [Tuf03] の §1.2 を見るとよい。

\(S^1\) の位数 \(3\) 以下の部分集合の exponential space \(\exp _3(S^1)\) が \(S^3\) と同相であることを証明したのは, Bott [Bot52] らしい。Rose の [Rosa] ではその別証が与えられている。他にも Mostovoy [Mos04] による別証もあることは, この研究集会での, 琉球大学の佃さんの講演で知った。

  • \(\exp _3(S^1)\cong S^3\)

さらにその同相で同一視した時, 包含写像 \[ S^1 = \exp _1(S^1) \hookrightarrow \exp _3(S^1) \cong S^3 \] は, trefoil knot になっているようで興味深い。 これは, Tuffley の論文 [Tuf02] に書かれているが, Nakandakari と Tsukuda の [NT; NT20] では, Shchepin の unpublished result となっている。Tuffley は, その論文で \(\exp _k(S^1)\) のホモトピー型を決定している。

  • \(\exp _{2k+1}(S^1)\simeq S^{2k+1}\)
  • \(\exp _{2k}(S^1) \simeq S^{2k-1}\)

Tuffly は, 他にも [Tuf03; Tuf04; Tuf] などで exponential space について調べている。

\(n\ge 2\) の \(S^{n}\) の exponential space については, Rose が [Rosb] でコホモロジーを調べている。

Tuffly の [Tuf04] などで調べられている連結性に関する結果の拡張は, Mostovoy と Sadykov [MS12] で考えられている。

(Cardinality に制限の無い) exponential space の用途としては, Beilinson と Drinfel\('\)d にある chiral algebra の定義, そして, その Lurie [Lur09; Lur] による拡張が興味深い。Beilinson と Drinfel\('\)d の chiral homology を拡張して topological chiral homology を定義し, それにより extended topological quantum field theory ができると言っている。

解析の視点からも調べられている。例えば, Albeverio らの [AKR98a; AKR98b; Alb+00; ADL01b; ADL01a] などがある。

有限 (離散) 部分集合ではなく, compact subset や closed subset に拡張したものは, [NR10] では hyperspace と呼ばれている。

  • hyperspace

位相は, Vietoris topology と呼ばれるものを入れる。その構成は compact Hausdorff space の圏から compact Hausdorff space の圏への functor になっているようである。

他にも, closed subset の集合上の位相としては, Chabauty topology [Cha50] と呼ばれるものがある。Biringer [Bir18] で, その metrizability が調べられている。

References

[ADL01a]

Sergio Albeverio, Alexei Daletskii, and Eugene Lytvynov. “De Rham cohomology of configuration spaces with Poisson measure”. In: J. Funct. Anal. 185.1 (2001), pp. 240–273. arXiv: math / 0608338. url: https://doi.org/10.1006/jfan.2001.3766.

[ADL01b]

Sergio Albeverio, Alexei Daletskii, and Eugene Lytvynov. “Laplace operators on differential forms over configuration spaces”. In: J. Geom. Phys. 37.1-2 (2001), pp. 15–46. arXiv: math/0608349. url: https://doi.org/10.1016/S0393-0440(00)00031-0.

[AKR98a]

S. Albeverio, Yu. G. Kondratiev, and M. Röckner. “Analysis and geometry on configuration spaces”. In: J. Funct. Anal. 154.2 (1998), pp. 444–500. url: http://dx.doi.org/10.1006/jfan.1997.3183.

[AKR98b]

S. Albeverio, Yu. G. Kondratiev, and M. Röckner. “Analysis and geometry on configuration spaces: the Gibbsian case”. In: J. Funct. Anal. 157.1 (1998), pp. 242–291. url: http://dx.doi.org/10.1006/jfan.1997.3215.

[Alb+00]

Sergio Albeverio, Yuri Kondratiev, Eugene Lytvynov, and Georgi Us. “Analysis and geometry on marked configuration spaces”. In: Infinite dimensional harmonic analysis (Kyoto, 1999). Gräbner, Altendorf, 2000, pp. 1–39. arXiv: math/0608344.

[BD04]

Alexander Beilinson and Vladimir Drinfeld. Chiral algebras. Vol. 51. American Mathematical Society Colloquium Publications. Providence, RI: American Mathematical Society, 2004, p. vi 375. isbn: 0-8218-3528-9.

[Bir18]

Ian Biringer. “Metrizing the Chabauty topology”. In: Geom. Dedicata 195 (2018), pp. 19–22. arXiv: 1610 . 07396. url: https://doi.org/10.1007/s10711-017-0274-5.

[Bot52]

R. Bott. “On the third symmetric potency of \(S_1\)”. In: Fund. Math. 39 (1952), 264–268 (1953).

[BU31]

Karol Borsuk and Stanislaw Ulam. “On symmetric products of topological spaces”. In: Bull. Amer. Math. Soc. 37.12 (1931), pp. 875–882. url: http://dx.doi.org/10.1090/S0002-9904-1931-05290-3.

[CG17]

Kevin Costello and Owen Gwilliam. Factorization algebras in quantum field theory. Vol. 1. Vol. 31. New Mathematical Monographs. Cambridge University Press, Cambridge, 2017, pp. ix+387. isbn: 978-1-107-16310-2. url: https://doi.org/10.1017/9781316678626.

[Cha50]

Claude Chabauty. “Limite d’ensembles et géométrie des nombres”. In: Bull. Soc. Math. France 78 (1950), pp. 143–151.

[CL]

Anna Cepek and Damien Lejay. On the topologies of the exponential. arXiv: 2107.11243.

[CT85]

Doug Curtis and Nguyen To Nhu. “Hyperspaces of finite subsets which are homeomorphic to \(\aleph _0\)-dimensional linear metric spaces”. In: Topology Appl. 19.3 (1985), pp. 251–260. url: http://dx.doi.org/10.1016/0166-8641(85)90005-7.

[FG12]

John Francis and Dennis Gaitsgory. “Chiral Koszul duality”. In: Selecta Math. (N.S.) 18.1 (2012), pp. 27–87. arXiv: 1103.5803. url: http://dx.doi.org/10.1007/s00029-011-0065-z.

[Han00]

David Handel. “Some homotopy properties of spaces of finite subsets of topological spaces”. In: Houston J. Math. 26.4 (2000), pp. 747–764.

[Lur]

Jacob Lurie. Derived Algebraic Geometry VI: \(\mathbb {E}[k]\)-Algebras. arXiv: 0911.0018.

[Lur09]

Jacob Lurie. “On the classification of topological field theories”. In: Current developments in mathematics, 2008. Int. Press, Somerville, MA, 2009, pp. 129–280. arXiv: 0905.0465.

[Mos04]

Jacob Mostovoy. “Lattices in \(\bbC \) and finite subsets of a circle”. In: Amer. Math. Monthly 111.4 (2004), pp. 357–360. url: https://doi.org/10.2307/4145248.

[MS12]

Jacob Mostovoy and Rustam Sadykov. “On the connectivity of finite subset spaces”. In: Fund. Math. 217.3 (2012), pp. 279–282. arXiv: 1203.5180. url: https://doi.org/10.4064/fm217-3-6.

[NR10]

Oleh Nykyforchyn and Dušan Repovš. “Inclusion hyperspaces and capacities on Tychonoff spaces: functors and monads”. In: Topology Appl. 157.15 (2010), pp. 2421–2434. arXiv: 1008.2926. url: http://dx.doi.org/10.1016/j.topol.2010.07.032.

[NT]

Yuki Nakandakari and Shuichi Tsukuda. The third symmetric potency of the circle and the Barnette sphere. arXiv: 1709.02573.

[NT20]

Yuki Nakandakari and Shuichi Tsukuda. “An elementary proof that the third finite subset space of the circle is the 3-sphere”. In: Amer. Math. Monthly 127.9 (2020), pp. 789–805. url: https://doi.org/10.1080/00029890.2020.1811002.

[Ran00]

Ziv Ran. “Canonical infinitesimal deformations”. In: J. Algebraic Geom. 9.1 (2000), pp. 43–69. arXiv: math/9810041.

[Ran93]

Ziv Ran. “Derivatives of moduli”. In: Internat. Math. Res. Notices 4 (1993), pp. 93–106. url: http://dx.doi.org/10.1155/S1073792893000091.

[Rosa]

S. C. F. Rose. A hyperbolic approach to \(\exp _3(S^1)\). arXiv: 0708.2085.

[Rosb]

Simon C. F. Rose. On the calculation of the cohomology of the third finite subset space of spheres. arXiv: 0805.0151.

[Tuf]

Christopher Tuffley. Finite subset spaces of closed surfaces. arXiv: math/0311371.

[Tuf02]

Christopher Tuffley. “Finite subset spaces of \(S^1\)”. In: Algebr. Geom. Topol. 2 (2002), pp. 1119–1145. arXiv: math / 0209077. url: http://dx.doi.org/10.2140/agt.2002.2.1119.

[Tuf03]

Christopher Tuffley. “Finite subset spaces of graphs and punctured surfaces”. In: Algebr. Geom. Topol. 3 (2003), pp. 873–904. arXiv: math/0210315. url: http://dx.doi.org/10.2140/agt.2003.3.873.

[Tuf04]

Christopher Tuffley. “Connectivity of finite subset spaces of cell complexes”. In: Pacific J. Math. 217.1 (2004), pp. 175–179. arXiv: math/0304086. url: http://dx.doi.org/10.2140/pjm.2004.217.175.

[Yan]

Shintarou Yanagida. Jacobi complexes on the Ran space. arXiv: 1608.07472.