頂点代数とその周辺

Vertex operator algebra の何が面白いかは, Frenkel と Lepowsky と Meurman の本 [FLM88] の Introduction を読むのが一番である。 様々な分野で独立に発見されたことが, 実は vertex operator algebra を仲介にして 深く結びついていた, というスリリングな物語が語られている。もっと簡潔な ものとしては, [LZ95] の Introduction もある。 90年代前半までの流れについてはよく分かる。 歴史的なことや motivation も含めて書いた解説として Lepowsky の [Lep] がある。

References

[FLM88]

Igor Frenkel, James Lepowsky, and Arne Meurman. Vertex operator algebras and the Monster. Vol. 134. Pure and Applied Mathematics. Boston, MA: Academic Press Inc., 1988, pp. liv+508. isbn: 0-12-267065-5.

[Lep]

James Lepowsky. Some developments in vertex operator algebra theory, old and new. arXiv: 0706.4072.

[LZ95]

Bong H. Lian and Gregg J. Zuckerman. “Moonshine cohomology”. In: Sūrikaisekikenkyūsho Kōkyūroku 904 (1995). Moonshine and vertex operator algebra (Japanese) (Kyoto, 1994), pp. 87–115.